一般歯科

一般歯科

より精密な虫歯の治療について

● そもそも治療が必要な虫歯なのでしょうか?
● 歯を削る必要があるのでしょうか?
● 虫歯じゃないけど歯が痛いことも?

 

当院の特色

当院では、極力「歯」を「削らない」努力をしています。
徹底した検査を行うことで、虫歯治療への不安を取り除くことができます。

>虫歯測定器ダイアグノデントペンについて

虫歯治療の流れ

① 虫歯菌(ミュータンス菌など)の除去

虫歯の細菌は目で見ることができません。
虫歯を染めるお薬を使うことで、健康は削らずに、虫歯を取り除くことが出来ます。
神経に細菌が感染している場合は神経を消毒しなくてはいけません。

神経に細菌感染が無い

 

神経に細菌感染が有る

 

② 神経を保護する

 

② 神経の消毒または、神経を残す特殊処置

神経が無事で良かったです。
虫歯が大きかった所には、神経を保護するようにお薬を入れ
食事ができるように回復させましょう。

 

残念ながら神経が感染している場合、神経の治療をします。
また状態が初期であれば、神経を残せる可能性があります。
神経の治療には回数がかかります。

③ 歯の形に修復します。

食事など、日常生活に支障がないように歯の形を修復します。

虫歯治療

 

(1) 拡大鏡・顕微鏡の使用

普段の治療で拡大鏡を使用しています。
またLEDライトで患部を照らし、精密に歯を削ります。

どんなに手先が器用でも、見えなければ健康な所も削ってしまい、
極端に精度が落ちてしまいます。

>顕微鏡治療についてはこちら


(2) 虫歯菌を染める薬の使用

う蝕検知液といい、特異的に虫歯の場所に色をつけてくれます。

染色部を除去することによって、虫歯の取り残し、削りすぎを防げます。


(3) MI治療

MI治療とはMinimal Interventionの略で「最小限の侵襲」です。

歯を削るときも極小の器具を使い、虫歯の部位のみ除去することで、
健康な所を守り、歯自体の寿命を延ばす事が可能となります。

削る器具はサイズの小さいものを使用します。
そのためにも拡大鏡や顕微鏡が必要となります。

>顕微鏡治療についてはこちら


(4) 口腔内カメラの使用

治療のイスに小型カメラを装着しています。

治療中に瞬時にお口の中の写真を撮ることで、治療前、治療中、治療後を
写真で記録し、患者さまと一緒に確認することを行っています。

どのくらい虫歯があったのか、どう治ったかをお見せします。


(5) 神経を保存する薬の使用

「MTAセメント」という神経を保護するお薬があります。

今までは虫歯が神経に達していれば、軽度でも神経を抜いていましたが、
神経を保護するMTAセメントを使用することで、神経を残せる可能性があります。

 歯の神経深部まで進行している虫歯には使用できません。
 保険適応外の治療になります。


 

根管治療

 

ラバーダムの使用

当院では精密治療の際は「ラバーダム防湿法」をおこなっております。

「ラバーダム」とは歯科で使用されるゴムマスクのことです。

外科医が手術を行う際に、きちんと消毒されて清潔なドレープ(覆布)で
区別されるのをご存知かと思います。

お口の中にたくさん菌が存在し、治療中に唾液が触れた時点で 細菌感染を起こしてしまいます。
無菌的に治療を行うことで治療の成功率は飛躍的に向上します。
世界的には根の治療の際に90%以上の割合で使用されていますが、
日本では10%以下の歯科医院でしか使用されていません。

>根管治療について詳しくはこちら(顕微鏡治療へ)


特殊な治療方法

 

(1) かみ合わせの診査・診断(フェイスボウ)

「フェイスボウトランスファー」という治療過程があります。

顎の大きさ、顎の動きは人それぞれ違います。
そのために、歯の位置と、顎の長さ、動く角度を 記録し設定することで、
「咬合器」に個々の患者さまのコピーを作ることができます。

それにより患者さまのお口に合わせた、精度の高い補綴物を製作することが可能となります。
日本の一般的な臨床のなかでこの作業をしている歯科医師はほとんどいません。

>噛み合わせの検査・診断についてはこちら


(2) 型取りの材料の選択(シリコーン印象材の使用)

型取りをする際に使用する材料は主に2つあります。
アルジネート印象材とシリコーン印象材です。

アルジネート印象材
一般的にどの歯科医院でも昔から使用されているピンクの冷たい材料です。
アルジネートは時間が経つと乾燥し、変形をします。
変形した場合、作製したつめものは精度が悪くなり、
歯に合わないので調整を多く必要とし、歯と段差を生じ、虫歯のリスクが高くなります。

シリコーン印象材
ゴムでできており、ほとんど変形しないため歯の形をそのまま保存してくれます。
より精密な型取りができます。高価であるため自費治療に用いられます。


(3) 無痛治療

できるだけ患者さまの苦痛をやわらげるために当院では工夫をしています。

麻酔の痛みがトラウマな方が多いと思われます。

なぜ麻酔が痛いのでしょう?
痛くない工夫とは

 極細の麻酔針の使用
注射の針の大きさを極細にすることで、お口に刺した時の苦痛が減ります。


 表面麻酔の使用
注射する場所が痛くないように、表面に麻酔することで痛みを和らげます。


 電動注射器の使用
麻酔の痛みの一つは、麻酔のお薬が急速に歯ぐきに入り込むことで痛みを感じます。
当院では電動の注射器を使用し、徐々にお薬が入り込むように痛みをコントロールしています。


治療メニュー   審美歯科・ホワイトニング   義歯(入れ歯)
当院が対応する各診療科目についてのご紹介です   歯を美しく見せるための治療についてご紹介いたします   当院取扱いの義歯についてご紹介しております
顕微鏡歯科治療   症例集   料金表
マイクロスコープを使った、精密な治療を行います   これまでの治療症例の一部をご紹介しております   自費診療を中心に、治療費の目安を掲載しております