自由が丘駅すぐ徒歩3分の歯科医院 デンタルアトリエ自由が丘 歯科

ブログblog

デンタルアトリエ自由が丘歯科ブログ

2019.01.26

セラミック 装着まで

こんにちは。
自由が丘の歯医者、デンタルアトリエ自由が丘の院長の小笠原です。
今回はセラミック症例です。
右下6番目の歯のインレータイプ。セラミックのつめ物をします。

通常通り、虫歯の除去→歯の形を成形し、歯を整えていきます。

虫歯はしっかり取った後に、きれいに形を整えます。


歯型の材料はシリコンを使用。
シリコン材料は形が変形しないために、精度が良い歯型がとれます。
自費の治療には、普段使用される「アルジネート」というピンク色の材料は使用しません。なぜなら「アルジネート」は時間と湿度、温度で変形するためです。
歯型が変形してしまうと、正確に歯の形を模倣できません。

当院では「フェイスボウトランスファー」を行います。

顎の関節の位置と、歯の位置を三次元的に記録することで、
患者さんの顎の動きを再現することが可能となります。

咬合器に、その人の歯型を取り付ける事で精度の高い、つめ物・かぶせ物が出来ます。
出来上がったセラミックです。

セラミックは透明感があり、本来の歯と同じ色の仕上がりに作製できます。
また、アレルギーの心配はなく、汚れが付きにくいために虫歯再発のリスクを減らします。
歯に装着します。

どこを治療したか分かりますか?
きれいに入りました。


術前と術後です。
当院のセラミック治療は、高い技術を用いて治療をします。
精度の高い治療を望まれる方は是非ご相談ください(^^)/
*セラミック治療は自費治療です

電話する WEB予約はこちら