自由が丘駅すぐ徒歩3分の歯科医院 デンタルアトリエ自由が丘 歯科

根管治療(マイクロエンド)Micro

歯の神経治療のお悩みの方へ「根管治療」

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 マイクロエンド

デンタルアトリエ自由が丘歯科では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した、精密なマイクロエンド(根管治療)を行っております。

日本の多くの方は、歯の神経治療に悩みを抱えています。

1 歯の根の先に膿が溜まっていると歯医者に言われた。
2 根管治療をするも、歯ぐきにできものが出来て、腫れたり小さくなったりを繰り返す。
3 長い期間、歯医者で根管治療をしている。痛みがとれない。
4 根管治療をしているが、抜歯(歯を抜く)と言われた。
5 歯の根元に違和感、浮いた感じ、噛むと痛みを感じる。

などなど、根管治療で治らない方が多くいらっしゃいます。

根管治療(歯の神経治療)は治療をするほど成功率が下がります。
特に、日本の保険治療では、従来の根管治療は成功率が50%ともいわれています。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療

その原因は、治療に使う材料や治療時間に制限があり、高性能の器具やラバーダムは使えません。
日本の歯科医師は、根管治療を今までの経験と勘に頼った治療を提供しているのが現状です。
当院の精密根管治療は、マイクロスコープを駆使し視覚的に根管内部を確認し、ラバーダムを使って無菌的な治療を行い、治療に使う器具も治療精度の高い器材を使用します。

歯科先進国であるアメリカでは、マイクロスコープを用いた治療が義務づけられています。
しっかりとした設備と技術で行われる治療は必然的に成功率が高くなります。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療

保険の根管治療との違い

上記に記しているように、日本の従来通りの治療では成功率が悪いという結果が既に出ています。それは保険で行う根管治療には限界があるからです。

使える器械・薬剤の制限

マイクロスコープはもちろんですが、精度の高い治療を行うために使用する歯科器械や材料、薬剤などは高価となります。もちろん国は負担をしてくれません。ラバーダムも保険では使用できません。
最低限、症状が治まり治療が終わるところまでしか保険では認められていないために、成功率が下がります。
マイクロスコープが使えないということは、歯科医師の肉眼に頼り、経験や勘に頼る、治療の水準が下がってしまう治療であると言わざるをえません。

治療時間の制限

保険治療の場合、治療にかけられる時間が短くなります。そのために、多くの歯科医院では1日に診る患者さんの数を増やして収入を得なければなりません。そのために待合室は患者さんでいっぱいで、治療は10分ちょっとで終わります。
精密な治療には時間がかかります。歯科医師が患者さん1人につきっきりとなり、満足の行くところまで治療に時間をかけられるのが保険外の治療となります。

自費根管治療で使用する機器

(1)ラバーダム防湿
お口の中には唾液中に様々な細菌が存在しています。根管内部に唾液が入り込めば細菌が感染してしまいます。そのために根管治療を成功させるためには必須のものです。
ラバーダムという薄いゴム製のマスクを患者さんの口に被せ、歯を覆ってしまいます。
手術時に治療中の場所以外を覆ってしまうのと同じです。
根管治療でラバーダム防湿を行うことは欧米では必須の処置となりますが、日本で実施している医院は全国でも数パーセント しかないと言われています。
当院で行う根管治療はラバーダム防湿をしっかり実施しております。

治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせることで、治療する歯に唾液が入り込むことを防ぎます。さらには喉の奥に薬液が垂れるのを防ぐ道具です。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 ラバーダム

患者さんのお口にゴムのマスクを装着します。
実際にお口を覗いてみると

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 ラバーダム

ラバーダム未装着

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 ラバーダム

ラバーダム装着

(2)ニッケルチタンファイル
ニッケルチタンファイルとは根っこの清掃を効率よく行う専門治療器具のことです。
従来のステンレスファイルに比べて非常にしなやかな特性を持ち、治療においては従来不可能であった曲がった歯の根の先端付近までの確実な根管治療を行うことが可能です。
自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 ニッケルチタンファイル
(3)CTスキャン
複雑な形態をした根っこの隅々まで細菌に感染した歯質や神経を除去する必要がありますが、従来のレントゲン画像だけでは 病変や歯のヒビを確実に把握することは困難です。
CTによる立体的な3次元の画像を確認することによって、全ての情報がより明確になり、従来のレントゲンでは見えなかった、 見落としてしまっていたむし歯や根の感染を把握します。
自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 CTスキャン
自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 CTスキャン
(4)Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)
リーマーなどの清掃器具は、器具が届く場所でしか清掃ができません。
レーザによる根管内の殺菌作用は効果がみとめられており、レーザーの熱作用によって、今までは器具が届かなかった根の先端や、枝分かれした根管の細菌毒素を無毒化することが可能となります。
自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 エルビウムヤグレーザー

エルビウム・ヤグ(Er:YAG)レーザー/波長2940nm
アーウィンアドベール エボ(株式会社モリタ)

自費根管治療で使用する薬剤

洗浄薬液
次亜塩素酸ナトリウム:根管内の細菌を殺菌消毒します。
EDTE溶液:根管内の削りカスなどの有機質を溶解します。
殺菌薬
水酸化カルシウム:強アルカリ性による抗菌作用。生体刺激のない安定材料です。
3-mix:3種類の抗生剤の合剤で、殺菌を行います。
症状に合わせて薬剤の選択を行います。
根管充填剤
MTAセメント:殺菌作用があり、根の先の膿があった場所も治癒させる能力がある、現在最も良いとされるお薬です。
ガッタパーチャ:根管に詰めるゴム質の医療材料です。

なぜ精密根管治療が必要なのか

生きた神経を取り除く治療(抜髄処置)を行った際に、保険で治療した日本では約半分が数年後に再治療になるという統計が出ています。また、日本の場合、根の先に病巣があった場合の成功率は6割にとどまっています。
日本の保険治療では、決められた材料や器具、薬剤のみを使用し、限られた時間と料金のなかで治療が行われています。そのため、疾病が緩和すれば治療が終了してしまう場合が多く、それにより再発が増えてしまうと考えられます。
歯は治療を繰り返すほど悪くなります。治療すればするだけ削られて、もろくなり、抜歯につながります。再治療を防ぐこと、最初の神経治療をいかに精密に、確実に行うかが歯の寿命につながります。




治療例

根の先の膿を診断され、治療を「抜歯」と言われた患者さんが来院されました。
当院にて、マイクロスコープ下で自費の精密根管治療を行いました。
MTAセメントにて根管充填を行い、5か月後のCT写真です。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 初診時
初診時
自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 5ヶ月
5か月後

初診時、矢印の先にあった黒い影(膿の袋)が5か月後には無くなり、溶けた骨が再生してきています。
完全に骨化するには半年以上かかる見込みです。

40代男性 右上7番目

若い頃に神経を取る治療をしたが、10年前に膿が溜まって歯ぐきが腫れてきたので、根管の再治療を行うも、現在まで違和感が消えないと当院を来院しました。
階段を降りる時に響くかんじ、アルコールを飲むと違和感がでるとの事でした。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 初診時
初診時

根の先端から、副鼻腔(蓄膿症になる鼻の空洞)へ感染が起り、矢印の場所が灰色になっています。膿が溜まっています。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 5ヶ月
根管治療、一か月後

無菌的な処置により、炎症が引いて、矢印の場所に正常な黒い空洞に戻ってきました。歯が原因で鼻の空洞に炎症が起ることがあります。歯性上顎洞炎。

マイクロエンド・根管治療 動画

支台築造(土台・コア)
ファイバーコア・ファイバーポストについて

ファイバーコア(ポスト)とは、根の治療(根管治療)をした歯に必要な、歯を補強する治療です。
神経を取った歯は、補綴治療「かぶせ物(クラウン)」をしなくてはいけません。その際に残っている歯に、土台(コア)を建てることを支台築造と言います。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 神経をとった歯

神経を取った歯

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 支台築造された歯

支台築造された歯

土台が出来上がった歯には写真のように作られた「かぶせ物(クラウン)」が入りますので、かぶせ物をセットして治療が終了します。
その土台の内部にグラスファイバー繊維(ファイバーコア・ポスト)を使うことで、歯を補強し、破折(歯が割れない・折れない)ようにするのがファイバーを使った支台築造です。
当院で行う支台築造はラバーダムを使用し細菌感染をなくし、歯に精密に埋めることで歯とファイバーが一体化し、歯への負担を減らすことが可能となります。
精度の高い支台築造を提供できます。

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 作られたセラミック歯

作られたセラミック歯

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 根管治療 かぶせた歯

かぶせた歯

ファイバーコア(ポスト)支台築造の内容

歯を抜かない治療・神経を抜かない治療

今までの日本の歯科治療では、安易に「歯を抜き」入れ歯を作り、安易に「神経を取り」被せ物をしてきました。現在の日本の保険制度では、使える材料に制限があり、1人に対する診察時間が限られている事から、「取る」という治療の選択肢が一般的です。

デンタルアトリエ自由が丘歯科では、極力、歯を抜かず、神経を取らず、歯を削らない保存治療を行っております。
丁寧に治療を行うことで、「抜歯」と診断された歯を残す事も可能となります。
大人の歯を抜いてしまうと、もう一生生えてきません。
インプラント治療を行うと、1本約40万円の治療費がかかります。
1本の歯でも「歯を残す」ことは何より大切な選択肢です。
指と同じく、歯はあなたの体の一部です。

日本各地から治療にお越しいただいております。
まずはお気軽にご相談をください。
※前医のエックス線などのデータがあるとスムーズにお問い合わせができます。
「お問い合わせフォーム」はこちらお問い合わせページへ

この様な方はお問い合わせください。

 歯根破折(歯の破折・ヒビ)
 神経を取ると言われた
 歯を抜いてインプラントにすると言われた。
 根管治療で治らないと言われた。

参考 動画

電話する WEB予約はこちら