自由が丘駅すぐ徒歩3分の歯科医院 デンタルアトリエ自由が丘 歯科

口腔外科Oral Surgery

当院の口腔外科のご紹介をしております

抜歯について

自由が丘 デンタルアトリエ自由が丘歯科 口腔外科当院では、お子さまからご高齢の方まで抜歯を行っております。

特に、ご高齢の患者さまは高血圧や糖尿病、骨粗しょう症といった慢性的な病気をお持ちの方が多く、症状によってはすぐに抜歯することのできない場合があります。

また、これらの病気のために服用している薬により、抜歯が困難な場合もあります。

当院では、ご高齢の患者さまの抜歯を行う前に綿密なヒアリングを行い、十分な配慮のもと抜歯処置を行います。

こちらでは、抜歯を行ううえで重要なポイントをご説明します。

血栓症を持った患者さまへの抜歯について

血管を詰まらせないようにするため、血液をさらさらにする薬を服用されている方は、抜歯処置で出血した際に「出血しやすい」「血が止まりにくい」といった副作用が出る場合があります。

当院では抜歯を行う前に、患者さまがどのような持病を持っていて、どんな薬を服用されているかを必ず確認したうえで治療を行います。

抗凝固薬(ワーファリン)を服用している方の場合

ワーファリンを飲んだまま抜歯すると、出血が止まるまでに通常より時間がかかります。

そのため、従来はワーファリンの服用を1週間ほど止めていただき、手術の翌日から再開してもらうのが一般的でした。

しかし、近年ではPT-INR値(「出血時に値が止まりやすいかどうかか」をあらわす数値)が一定の基準にある患者さまにおいては、そのまま抜歯しても問題ないことが分かっています。

PT-INR値の標準値を1として、これより大きい値の場合は「血が止まりにくい」、小さい場合は「血が止まりやすい」ことを表してします。

通常、この値が1.6~3の間であれば、抜歯可能と考えられています。

抗血栓薬(バイアスピリン、小児用バファリン)を服用している方の場合

抗凝固薬(ワーファリン)と同さまに、PT-INR値が一定の基準にあれば、そのまま抜歯を行っても問題ありません。

骨粗鬆症の治療薬を服用されている患者さまの抜歯について

骨粗鬆症やがんの骨転移などに有効な薬として、ビスフォスフォネート系製剤(以下、BP製剤)があります。

BP製剤の使用経験のある方は、抜歯などの顎骨に刺激が加わる治療を受けると、顎骨壊死を引き起こすリスクがあることが分かっています。

顎骨は壊死すると、歯肉腫脹や疼痛、排膿、歯の動揺、顎骨の露出などの症状が生じます。

BP製剤を使用している患者さまは、治療を行う前に必ずドクターへ申告してください。

BP製剤を服用されている方の場合

次の項目に当てはまる方は、手術を行う3カ月前にはBP製剤の内服を中止していただきます。手術後も、骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤の休薬が必要です。

  • BP製剤の内服期間が3年未満でステロイド薬を併用されている方
  • BP製剤の内服期間が3年以上の方
  • 顎骨壊死の危険因子(糖尿病、喫煙、飲酒、がん化学療法など)を持った方

BP製剤内服期間が3年未満で危険因子のない方に対しては、通常どおり抜歯を行うことが可能です。

電話する WEB予約はこちら